ふるさと納税・難しい?いくらまで出来る?

情報

ふるさと納税

 

ふるさと納税ってなぁに

 

全国の各自治体に納税することによって、いろいろな返礼品がもらえる制度です。

自治体により、地元の名産品などが返礼品になっています。

自己負担は2,000円。

いろいろなサイトを観るとなぜ2,000円?って思いませんか?

あなたが20,000円をどこかの自治体に寄付をするとします

そのうちの2,000円分が自治体の寄付に充てられ

18,000円分が所得税・住民税から全額が控除されます。

控除の対象になるのです。

 

 

 

やり方は難しい?

 

今は、いろんなサイトがあり

登録すると簡単に寄付ができます。

年収・配偶者あり・なしから納税可能金額が趣味レーションもできます。

※ 楽天ふるさと納税

 

 

ふるさとチョイス

ふるなび

さとふる

うるさとプレミアム

ANAのふるさと納税

ふるさと本舗

JALふるさと納税

セゾンのふるさと納税

auPAYふるさと納税

 

など、支払い方法などによて様々なサイトで納税ができます。

 

 

いくらまで可能ですか?

 

ふるさと納税を行うサイトが決まったら

シュミレーションによって寄付可能金額がわかります

好きな自治体を選び、返礼品を選んで

納税を行います。

納税するだけでは税金の控除になりません。

控除の仕方は確定申告をする方法や「ワンストップ特例制度」など

方法がありますので、自分にあった申告を行ってください

 

 

12月31日までの納税で確定申告をしない方は翌年の1月10日までに

寄附先の自治体に書類提出が必要です。

10日過ぎてしまったときは、翌年に持ち越しても良いですし

2月15日~3月15日の確定申告で申告しても大丈夫です。

 

 


 

番外編

 

知りたいことが満載

 

ピンタレストも必見です。

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました